2014年07月09日

とにかく人材募集!!

障害当事者の自立生活や地域生活を支援する事を模索し続けるたこの木クラブ。
その活動の幅はますます拡がるも、その一つ一つを一緒に考え担う人材が足りない。

〜たこの木クラブを生業とするとは?〜
たこの木クラブ自体は一市民団体。
「地域でともに生きる」「障害当事者の自己選択・自己決定・自己実現を支援する」と言うテーマの下、
1987年より今日まで活動を続けています。
地域の中で起こる様々な課題と向き合ってきましたが、決して大きな団体ではありません。
いつ潰れてもおかしくない市民団体。
でも、小さいが故に様々な課題と向き合い、様々な人や事業所とつながっています。
それを生業にするとは?
正直言って、
きっちりとした雇用関係を結べる状況にはありません。
今は、
「ともに活動を担う仲間を求める」としか言えません。
理念や思想だけでは暮らしていけない。
なので、個々の当事者もたこの木の活動を担う仲間の暮らしも両方が成り立つように、その状況をも又一緒に追い求めて行きたいと願っています。

人材を求めていく限りは、様々な条件を付していかなければならないのでしょうが、
それさえもこれから一緒に作っていく状況です。
又、何を業務とするかも一緒に考えなければなりません。
雇用と呼べるものは一切ありませんが、
そんなたこの木を一緒に担ってくれる人材を求めています。

昨今のたこの木クラブは、
理念を追求する「運動体」なのか?
理念を実現していく「事業体」なのか?で揺れ動いています。

人がいなければ始まらない。
人がいても続かなければ理念は展開されない。
でも、人を集める/人が続く事のみを追求しても、
当事者を支援する事やともに生きる思いを現実のものにする事は叶わない。

だから悩みつつの「人材募集」

自らの暮らしも当事者個々の暮らしもともに成り立つための道を一緒に考え生み出す人を求めています。

他の人材募集と比べればまったくの絵空事かもしれません。
正直今は、それしか言えません。
でも、人の存在はとても必要としています。

なので、
そんなたこの木に関心のある方は、ぜひお声をかけて欲しいのです。
ぜひ一緒に会の活動を担って欲しいのです。
その担い方や作り方も含め一緒に関わってくれる方を募集しています。

どうぞよろしくお願いします!!

☆人材募集 その1
・女性専従者
・専従費:25万円+α
・資格:居宅介護ができる資格をお持ちの方(取る予定の方)
・その他の条件は、会ってやり取り

☆人材募集 その2
・ヘルパー
・男女
・時給:1000円
・交通費:1000円
・資格:居宅介護・移動支援ができる資格をお持ちの方(取る予定の方)

☆人材募集 その3
・活動をともに担ってくれる方
・無給(交通費は応相談)
・すいいち企画やイベント等の手伝い
・ひたすら当事者との出会いや関わりを求めていきた人

※たこの木クラブは、多くの方々の会費やカンパによって成り立っている市民団体です。
※たこの木クラブは、居宅介護や移動支援を担う派遣事業所として「はてなのたね」があり、
ヘルパーの給料はそこから支払われます。
※たこの木クラブは、「自立生活獲得プログラム」と言う事業を担うために、NPO法人「ねじり草」を立ち上げ、ねじり草が助成金を受けています。専従者の専従費は、ねじり草+はてなのたね+たこの木から支払われます。

お問い合わせ等は、
たこの木HPにある「お問い合わせフォーム」よりお願いします。



posted by takonoki at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする