2013年08月13日

たこの木ひろばでリセット?

毎週火曜日の仕事が終わるとたこの木ひろばにやってくる当事者。
いつもやってくる前に「たこの木クラブに行きます。」というメールを必ず送ってくる。
しかも、毎回16:50!と言うのが凄い!

これは、たこの木を留守にしがちでせっかく来ていただいても留守にしていると申し訳ないと思い本人とやり取りしたことで、メールに返信しないとたこの木に電話がかかってくる。(たぶん電話がかかってくる時間もいつも同じだと思うけどこちらは記録なし)

そして、毎週(たこの木に誰もいない時は除く)決まった時間にたこの木ひろばにやってくる。

たこの木にやってきた彼は、
「こんにちは」とあいさつを交わし、
その時ひろばにいる人といない人とを確認し、
その後は、携帯電話をいじって、
「あした(すいいち企画)もよろしくお願いします」と言って帰って行く。

いつもとまったく同じパターンで現れる彼。
同じパターンで滞在し、
同じパターンで帰って行く。

傍から見れば、
「いったい何しに来たの?」と思う。

人に会いに来た風でもない。
何か用事がある風でもない。
何か相談事や頼みごとがあるわけでもない。

毎回同じパターンで現れ、
同じパターンで滞在し、
同じパターンで帰って行く。

いじわるな私は、何とか違うパターンを狙いちょっかいを出すも動じない彼。

そんな彼を見てふと思う事は、
仕事帰り、
行きつけの居酒屋によって、
ちょっと1杯お酒をひっかけ、
自宅へと向かうサラリーマンのようにみえる。

かく言う私は、
定時の仕事をしているわけではないのだが、
一日たこの木に詰めているといろんな人がやってきていろんな事を話している。
夕方になって、訪問者やスタッフがいなくなると、一人で作業の続きをすることもあるが、
だらだらと居続ける事もある。

それは日中をどこか一旦リセットするための時間のように思う。

そう想うと、
一見彼の意味のないお決まりのパターンも、実はとても大切な事であり、
その大切な事のためにたこの木ひろばは役に立っているのだと思うとなんだかうれしく思う。



posted by takonoki at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック